個人輸入の仕組み|病院に行く時間やお金がない!という方は個人輸入代行がおすすめ

個人輸入の仕組み

カプセル

利用したことが無い方にとっては個人輸入代行業者と聞くとなんだか「怖い」「怪しい」といった感情を憶えてしまうのではないでしょうか?
このページでは個人輸入代行業者がどういったものなのか説明したいと思います。

結論からいうと、個人輸入代行業者は違法ではありませんが怪しい業者もいます。
これを詳しく説明すると日本には薬事法という法律があり、この薬事法により日本に流通する医薬品や医療機器は定められた厳しい審査をクリアしたものでないとダメなのです。
薬事法は他にも医薬品や医療機器に関する広告やホームページなどに記載する文章なども規制しています。

この薬事法があるために、日本では安全性の高い医薬品のみが流通している、というわけです。
しかし、逆に言えば審査をクリアした医薬品しか流通させることができないわけです。

一見、なんの問題の無さそうですがこの部分だけ見ると少し問題もあります。
例えば海外在住の方がずっと海外のお薬を飲んでいましたが、何かをきっかけに帰国したものの今まで飲んでいたお薬が海外では承認されていたものの日本では審査に通っていなかった場合はどうしたらいいのでしょう?
先程、説明したように日本で審査をクリアしていないお薬が流通され販売されることはありません。
当然、日本で購入することはできず今まで飲んでいたお薬が飲めなくなるというわけです。

ここで個人輸入代行業者の出番となるわけです。
どういうことかというと、薬事法では個人での使用に限り、海外からお薬を輸入して服用することを許可しています。
しかし、いくら輸入したいと思って海外のサイトを見て英語や違う通貨で入金となると非常に手間です。

そこで、その輸入をサポートしてくれるのが個人輸入代行業者なのです。
個人輸入代行業者は面倒な手続きなどを代行してくれて、商品を私たちの手元に届くように手配してくれるのです。
とっても便利ですよね。